活性酸素の除去に効果的なサプリメントランキング

活性酸素の除去に効果的なサプリメントランキング

身体の変化が実感できてリピーターが多い活性酸素除去サプリを徹底比較

カラダへの影響

「活性酸素は老化を早める」くらいに軽く考えていませんか?実は、生活習慣病や癌、心筋梗塞、脳梗塞などの重篤な病気の大きな要因になることも多々あるんです!ここでは、活性酸素が体内やお肌に及ぼす悪影響について、しっかりと知識をつけておきましょう。

活性酸素が体に及ぼす害悪まとめ

活性酸素は善玉ならば免疫機能などに役立ちますが、悪玉ならば体を刺激するだけの悪者。体内で暴れまわると、様々な臓器や器官が傷つき、徐々に細胞が蝕まれていきます。まずは、目に見える変化が起こるお肌にはどんな悪影響を及ぼすのか、見ていきましょう。

影響一覧:お肌編

紫外線は人体に有害な物質を沢山含んでいるため、皮膚に浴びてしまうとお肌が細胞を守るために、免疫機能として沢山の活性酸素を生み出してしまいます。その結果、活性酸素がもつ刺激性により皮膚細胞が酸化してしまい、いわゆる老化現象が発生します。

【シミ】
活性酸素のダメージをメラニンが肩代わりすると防御反応でメラニン色素が作られ、シミになります。

【シワ】
お肌のハリ、潤いを保つコラーゲン、エラスチンが酸化すると、肌の性質が変化し、水分を保持できなくなってしまい、シワの原因となってしまいます。

【肌荒れ】
コラーゲン不足になると、肌荒れ、炎症が起こります。

【アトピー】
細胞へのダメージで皮膚炎が悪化します。また、活性酸素が発生させる過酸化脂質がアトピーの原因という説もあります。

【皮膚がん】
夏から初秋にかけての強い日差しを浴びて発生した強力な活性酸素は、発がん性物質を生み出すことも。

影響一覧:体編

生活習慣病は、別名「活性酸素病」とも呼ばれており、様々な病気と密接な関係を持っています。体内はお肌のように変化が目に見えないので、蝕まれているのが分かりづらく、知らず知らずのうちに病気が進行していることも多いので注意が必要です。

【脳神経疾患】
脳梗塞、アルツハイマー型認知症、パーキンソン病、萎縮性側策硬化症、外傷性てんかん

【眼疾患】
白内障、未熟児網膜症(乳児)、網膜鉄錆症

【呼吸器疾患】
喫煙による気道障害、閉塞性肺疾患、喘息

【循環器疾患】
狭心症、心筋梗塞、虚血性不整脈、高血圧症

【消化器疾患】
胃・腸・肝臓・膵臓・胆嚢などの炎症、脂肪肝

【腎疾患】
糸球体腎炎、糖尿病性腎炎、腎不全、通風、尿毒症

【その他】
糖尿病、アレルギー、花粉症、慢性関節リウマチ、多臓器不全、全身性炎症反応症候群、免疫不全、発ガン、AIDS、プリオン病など

ここで紹介した症状の90%以上が、活性酸素が原因とされているとのこと。日常的に抗酸化を徹底し、無毒化しなくては大変なことになりますよ!

誰でも毎日できる方法なら、サプリメントによる抗酸化成分摂取がオススメです。

何故心筋梗塞や脳梗塞など血液の病気に繋がっていくのか?

活性酸素の刺激による炎症から、何らかの病気に繋がるのはわかりますが、なぜ心筋梗塞や脳梗塞といった血液が詰まる深刻な病気を引き起こしてしまうのでしょう?

答えは、「活性酸素+LDLコレステロール=悪玉コレステロール(酸化LDLコレステロール)」という図式にありました。

酸化LDLコレステロールというのは悪玉中の悪玉で、これを食べてしまったマクロファージ(白血球の一種)は、泡沫化して死んでしまうのです。大量の脂肪を取り込んで死滅した細胞は、動脈壁に集まり、血管を傷つけたりして血栓を作り、血管を細くしてしまいます。こうして、どんどん詰まってしまい血流が滞り、動脈硬化を発症して重篤な疾患に繋がるのです。

これを解消してくれるのは、体内のSOD酵素(スーパーオキシドジスムターゼ)とカタラーゼ。納豆などに豊富に含まれているので、積極的に食べることをオススメします!

 
pagetop
活性酸素の除去に効果的なサプリメントランキング