活性酸素の除去に効果的なサプリメントランキング

活性酸素の除去に効果的なサプリメントランキング

身体の変化が実感できてリピーターが多い活性酸素除去サプリを徹底比較

発生する原因

活性酸素が過剰に発生する原因はいくつかありますが、大きく分ければ加齢による抗酸化防御システムの衰えと、何らかの外的刺激の2つ。外的刺激は自分が気をつければある程度は防げますので、身近な対策を心がけましょう。以下で、活性酸素発生の原因と対策についてご紹介します。

活性酸素が発生するタイミング

活性酸素は身体のいたるところで生まれ、攻撃をしてくるやっかいな物質。健康への影響や老化が気になるので、なるべく発生させたくないとは思いますが、エネルギーを作りながら生きている以上は、活性酸素ゼロの生活は不可能なのです。

それではどんなときに活性酸素が発生するのか、チェックしていきましょう。

(1) エネルギー代謝の過程

呼吸をすると、酸素は体中の細胞に運ばれ、細胞内のミトコンドリアが酸素と糖を燃やしてエネルギーを作っています。このとき、全酸素のうち1~2%は活性酸素になってしまいます。これは、生きているのであれば必ず起こることなので防ぎようがありません。年を重ねるとミトコンドリアの数が減ってオーバーワークとなり、燃焼に失敗して活性酸素を作り出す割合が増えてしまうため、加齢による老化や体調変化が起こるのです。

【対策】ミトコンドリアを増やすには、「強い運動と弱い運動を交互に行う(有酸素運動のスイッチを入れる)」、「冷水に浸かる(体を危機にさらす)」、「空腹を保つ(体を危機にさらす)」などが有効です。どれも体にとっては酷なことですから、高齢の方は無理をしないようにしてください。

(2) 白血球などが異物を食べた結果

白血球などの食細胞が、細菌やウイルスなどを食べると、退治するために活性酸素を大量に放出します。自分の体を守るための必要分以上に大量発生すると、活性酸素が細胞を傷つけることに繋がっていきます。

【対策】こちらもある程度は防ぎようがないかもしれませんが、化学物質が多い加工食品や、細菌の多い生肉などを避けることで、ムダに増やすことはなくなります。

(3) 化学物質・毒素の影響

空気中の農薬、野菜の残留農薬、食品添加物、タバコの煙、化学薬品、排気ガス、大気汚染物質など、今まで自然界には存在しない化学物質を取り込んだ場合も活性酸素が発生します。

【対策】禁煙、無農薬野菜を選ぶ、外出時はマスクをつけるなどで防ぐ事ができます。ちなみにアルコールは、適量であれば活性酸素減少効果がありますが、摂取量が多いと逆効果になるので要注意です。

(4) 過度にストレスを受ける

嫌な仕事・勉強や、人間関係のストレスは活性酸素をドッと増やします。ストレスから潰瘍が出来たというのは、実は活性酸素の仕業なのです。代表的なメカニズムとしては、ストレスで血管が強く収縮して血流障害が起きた後、再び流れるときに大量の活性酸素が発生するパターンです。

【対策】現代社会では仕方ないことかもしれませんが、深呼吸をしてストレス状態を緩和したり、ビタミンC配合のキャンディなどを舐めてみてはいかがでしょうか。

(5) 激しい運動をする

瞬発力を必要とするような「無酸素運動」をすると、筋肉が一時的に血流障害を起こし、緩んだときにドッと流れていきます。(4)のストレスが原因の場合と同様で、血流により活性酸素が発生してしまうのです。

【対策】体内酵素SOD(スーパーオキシドジスムターゼ)は40歳前後から衰えてくるので、年を取ってきたら運動は激しいものではなく、ゆったりとしたものにしましょう。

(6) 紫外線、放射線を浴びる

紫外線があたるとお肌では活性酸素(一重項酵素)が発生し、メラニン色素を形成し、シワを作り出します。また、放射線でも同じような事が起こります。ちなみに、ガンの治療に放射線が使われるのは、放射線が活性酸素を発生させ、その活性酸素でガン細胞を退治するというメカニズムによるものです。

【対策】 夏だけでなく、冬でも紫外線は降り注いでいるので、常に日焼け止めや帽子、長袖などでお肌を刺激から守ることが大事です。

それぞれの項目で出来る対策をご紹介しましたが、全てに共通するのがやはり「抗酸化物質を多く摂取すること」です。既に出来てしまった活性酸素を除去するにはやはりコレが一番!まずは食生活の改善やサプリメントなどから開始し、日常生活は徐々に改めていけば、対策としては充分だと思います。

 
pagetop
活性酸素の除去に効果的なサプリメントランキング